ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

藤田菜七子、今年も悔しい始球式 厩舎前の練習実らず

4/17(火) 19:27配信

朝日新聞デジタル

 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(20)が17日、千葉・ゾゾマリンであったプロ野球のロッテ―オリックス戦で始球式を務めた。3週間前から厩舎(きゅうしゃ)の前で練習してきたというが、左打者の背中側をツーバウンドで捕手のミットに。昨年に続き、今年もノーバウンドで届かせられず、「悔しかった。一回で決めるのは難しい。重圧がすごい。また機会があればチャレンジしたい」。

【写真】ノーバウンドで届かせられず、悔しがった藤田菜七子騎手

朝日新聞社