ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

首相、きょうから訪米 トランプ氏と対北協議

4/17(火) 7:55配信

産経新聞

 安倍晋三首相は17日午後、トランプ米大統領との会談が行われる米南部フロリダ州に向けて出発する。両首脳は、27日の南北首脳会談と、6月までに開催予定の米朝首脳会談に向けて北朝鮮の非核化をめぐる対処方針などについて政策のすり合わせを行う。また、北朝鮮による拉致問題を米朝首脳会談で取り上げるようトランプ氏に要請し、解決に向けた戦略を協議する。

 両首脳の会談は、トランプ氏の大統領就任以降、6回目。トランプ氏の別荘「マールアラーゴ」での会談は昨年2月に続き2度目。

 首相は17日午後(日本時間18日午前)、フロリダに到着。トランプ氏と通訳だけを入れた会談の後、少人数会合を行う。主要議題は北朝鮮問題となる見通し。夜は両首脳夫妻のみが出席する夕食会が開かれる。

 18日午後(同19日午前)には拡大会合が開かれる。自由で開かれたインド太平洋戦略をめぐる協力のほか、貿易・投資を含む経済分野について協議する。同日夕(同)、共同記者会見に臨む。両首脳はゴルフをする方向で調整している。

 首相は19日朝(同日夜)、フロリダを出発し、帰途に就く。

最終更新:4/17(火) 7:55
産経新聞