ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

北朝鮮問題や経済で日米の連携を確認する=首脳会談で安倍首相

4/17(火) 12:40配信

ロイター

[東京 17日 ロイター] - 安倍晋三首相は日米首脳会談について、北朝鮮問題や経済で日米の連携を確認するとの見解を示した。17日からの訪米を目前に控え、首相官邸で記者団に述べた。

冒頭、安倍首相は行政に関する様々な指摘を受けているとしたうえで、「信なくば立たず。国民の信頼を得るため、行政のトップとして1つ1つの問題に責任を持って全容を解明し、ウミを出していく決意だ」と語った。

日米首脳会談について「北朝鮮問題、経済問題で日米の連携を確認したい」と述べた。

北朝鮮問題では「完全で検証可能、不可逆的な核とミサイルの廃棄の実現に向け、最大限の圧力をかけていくことを維持していく方針を確認する」とした。

また、「米朝首脳会談に向け、拉致問題が前進するよう全力を挙げる」と強調した。

通商問題では、自由で公正な貿易と投資を通じ、インド・太平洋経済の成長に向け「リードしていくことを確認したい」と述べた。

3回の日米首脳会談を通じて「北朝鮮や経済の問題をトランプ大統領とじっくりと膝を交えて語り合いたい」と語った。

ただ、米国が主張している自由貿易協定(FTA)の交渉開始に関する質問には答えなかった。

最終更新:4/17(火) 14:58
ロイター