ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

WDの技術者ら、瓦記録方式HDDの開発で文部科学大臣賞を受賞

4/17(火) 17:57配信

Impress Watch

 Western Digitalは、同社技術者4名が平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の「科学技術賞」を受賞したことを発表した。

 受賞対象となったのは「IoT活用社会を支える瓦記録方式を用いたHDDの発明」で、HDDアーキテクチャーグループ シニアマネージャーの濱口雄彦氏、マネージングディレクターの髙野公史氏、R&Dアンドコンポーネント プログラムマネージャーの西田靖孝氏、R&Dアンドコンポーネント テクノロジスト井手浩氏が受賞した。

 瓦記録方式は、従来のHDDでは独立して配置されているデータトラックを、隣り合うデータトラックの一部が重なるように順次記録するというもので、これによって記録容量を飛躍的に増やすことが可能となった。

 表彰式は4月17日に文部科学省にて行なわれる。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:4/17(火) 17:57
Impress Watch