ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

今季初先発の広島・九里、四回途中4失点KO 5四球と制球乱れ

4/17(火) 19:40配信

デイリースポーツ

 「広島-ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

 広島の先発・九里は3回1/3を投げ、6安打4失点でKOされた。初回、青木に右犠飛、坂口に押し出し四球を与え、2点の先制点を献上。4-2の四回には山田に左越えに同点2ランを浴びた。さらに1死から3番バレンティンに四球を出したところで、ベンチからタオルが投げられた。

【写真】兄も“業界”からお誘い…モデル活動も行う九里の妹・聖莉奈さん

 「ボール自体は悪くなかったのですが、全体的に高めに浮いてしまい自分のピッチングをすることが出来ませんでした。野手が点を取ってくれて援護してもらったのに試合をつくることが出来ず申し訳ないです。結果が全てです」 前日には「気負いすぎず、持っているものを出すのが一番」と自然体を強調していたが…。5四球と制球が乱れ、今季初先発はほろ苦い結果となった。