ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

なでしこアジア杯連覇に王手!岩渕先制弾&横山2発で中国に快勝

4/18(水) 3:51配信

スポニチアネックス

 ◇サッカー女子アジア杯準決勝 日本3―1中国(2018年4月17日 ヨルダン・アンマン)

 サッカー女子のアジア杯は17日、ヨルダン・アンマンで準決勝が行われ、前回大会覇者のなでしこジャパンは中国と対戦。FW岩渕真奈(25=INAC神戸)の先制点と途中出場のFW横山久美(24=フランクフルト)の2得点で3―1で勝利し、大会連覇に王手をかけた。

 前半から鋭い出足でゲームを支配したなでしこジャパン。39分、エリア内に進入した岩淵が左足を振り抜いて先制点を決めた。

 後半40分には途中出場の横山が右足で芸術的な追加点。同43分にも横山がPKで得点を挙げ、中国を突き放した。その後、中国にPKを与えて1点を失ったが3―1で勝利。2大会連続の決勝進出を決めた。20日(日本時間21日午前2時)に行われる決勝では豪州と対戦する。

 なでしこジャパンは19年W杯フランス大会予選を兼ねた今大会で、1次リーグB組を2位で通過。8大会連続のW杯出場権を獲得した。