ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【ロッテ】ドラ2藤岡裕が2尽くしV打!2死二塁から2戦連発2号2ランで2度目お立ち台

4/18(水) 6:03配信

スポーツ報知

◆ロッテ5―3オリックス(17日・ZOZOマリン)

 白球を上からたたき潰すように捉えた。藤岡裕のフルスイングから放たれた打球は、一直線に右翼席に吸い込まれた。カクテル光線に照らされてベースを一周し、ベンチではナインからヘルメットをしばかれる手荒い祝福を受けて笑った。「自分の一振りで勝てたのが本当にうれしい」。ドラフト2位ルーキーは、喜びをかみしめた。

【写真】「カンパイガールズ」が水着姿に

 同点で迎えた7回2死二塁。「チャンスで回ってきたので、ここで結果を出すしかないと思っていた」と気を引き締めて打席に入ると、2ボール2ストライクからの5球目、見逃せばボールの高め直球を捉えた。15日のソフトバンク戦(鹿児島)に続く、2戦連発の2号2ラン。チームの連敗を2で止めた殊勲者は、今季2度目のお立ち台で「2試合の本塁打はたまたま。これからはヒットを積み重ねていきたい」と安打量産を力強く約束した。

 トヨタ自動車出身の即戦力。この日の試合前には千葉市内の小学校を訪問し、児童たちとふれあった。チームメートで同姓の藤岡貴裕と間違えられて苦笑いを浮かべたが、「まだまだですね」とひそかに“知名度”アップを心に決めていた。

 幼少期の憧れは同じ左打者のイチローと高橋由伸だった。「打撃フォームがかっこよくて、ヒーローでしたね」。2人のようにプロの世界では華のある選手を目指すつもりだ。将来の目標は、球団では2010年の西岡(206安打)以来となる「シーズン200安打を打てる選手」と言い切る。「もっともっと活躍したい。目標とされる選手になりたいです」。子供たちに愛されるヒーローへの道を歩んでいく。(長井 毅)

 ◆藤岡 裕大(ふじおか・ゆうだい)1993年8月8日、岡山市生まれ。24歳。4歳から野球を始め岡山理大付では甲子園出場なし。亜大でリーグ史上23人目となる通算100安打達成も15年ドラフトでは指名漏れ。トヨタ自動車では社会人日本代表で主に遊撃手。17年ドラフト2位でロッテ入り。50メートル走5秒9、遠投120メートル。178センチ、77キロ。右投左打。年俸1430万円。好物はチャンジャと白米。

最終更新:4/18(水) 8:30
スポーツ報知