ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

政府窮地も解散・総選挙を求めない野党 なぜ勝負しないのか

4/17(火) 9:23配信

産経新聞

 安倍晋三政権が学校法人「森友学園」や「加計学園」をめぐる一連の問題で窮地に追い込まれ、政権交代のチャンスがめぐってきているにも関わらず、野党側から「解散・総選挙」を求める声があまり聞こえてこない。野党側は「内閣総辞職」を求めるばかりで、与党からも政権交代に向けた野党の本気度をいぶかしむ声すら出てくる始末だ。野党はなぜ勝負しないのか。

 「ほとんどの国民が首相が嘘つきだと分かっている!」

 立憲民主党の枝野幸男代表(53)は11日の衆院予算委員会で、こう気色ばんだ。

 枝野氏はこの日、加計学園の問題の焦点の一つである柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が平成27年4月に愛媛県職員らと面会し「首相案件」と述べた-とするメモの真偽について繰り返しただした。首相は「政府の文書ではない」などと述べ、メモに対する直接的なコメントは避けた。

 のらりくらりやり過ごそうとする首相の態度に枝野氏は「嘘つき」という言葉まで使って批判した。枝野氏は予算委後も「論理的に成り立たない答えで引っ張るしかなく、もはや政権を続けられる状況ではない」と語った。だが、これだけ怒ったにも関わらず、枝野氏が首相に解散・総選挙を迫ることはなかった。

 森友・加計問題や、財務省、防衛省をめぐる公文書管理問題で、安倍政権の基盤だった支持率もじわりじわりと下落してきた。

 NNN(日本テレビなど)が13~15日に行った世論調査の内閣支持率は3月の前回調査より3・6ポイント減の26・7%、不支持率は同0・4ポイント増の53・4%となった。

 朝日新聞の世論調査(4月14、15日実施)では、支持率は31%で前回の3月調査と変わらず、不支持率は4ポイント増の52%だった。共同通信の今月14、15両日の調査では、前回調査(3月31、4月1両日)より5・4ポイント減の37%で、不支持率は5・1増の52・6%だった。

 野党が内閣支持率が下落した政権に解散・総選挙を迫った例は事欠かない。

 民主党から自民党に政権交代した24年12月の「近いうち解散」もそうだ。当時の野田佳彦首相(60)は同年8月、政局の行き詰まりを打開するため、当時の自民党の谷垣禎一総裁(73)、公明党の山口那津男代表(65)に3党首会談を呼びかけた。この席上、谷垣、山口両氏は野田氏から「社会保障と税の一体改革関連法案が成立した後、近いうちに国民の信を問う」との言質を取り、年末の衆院選に向かう流れを作った。

 安倍政権に逆風が吹き、野党が政権交代を実現する千載一遇のチャンスのはずだが、野党側が解散・総選挙を迫らないのは、支持率が伸び悩んでいるという動かしがたい事実があるためだ。

 例えば、前出の朝日新聞の4月世論調査の政党支持率で前回調査よりも下落したのは、▽立憲民主党=10%(前回は11%)、▽希望の党=0%(同1%)で、上昇したのは▽自民党=33%(同32%)▽公明党=4%(同3%)▽民進党=2%(同1%)-だった。

 共同通信の調査でも、政権追及の急先鋒(せんぽう)である立憲民主党の支持率は上昇しなかった。

 希望の党の玉木雄一郎代表(48)は6日、「一番気にしているのは解散・総選挙だ。解散を受けて立つのではなく迫らなければならない」と訴えたが、政党支持率の低さゆえに行動には踏み切れないでいる。ある野党議員は「ここで解散・総選挙を打たれたら、今度こそ討ち死にだ」と危機感を募らせた。さらに、共産党関係者は「どれだけ追及しても支持率は伸び悩む。打つ手がない」と肩を落とした。

 3月末に30年度予算が成立し、憲法改正などの本格論戦がスタートするやに見えたが、財務省など一連の問題をめぐり審議は度々ストップし、ほとんど議論は行われていない。

 衆院憲法審査会に至っては野党が開催自体に反対し、開かれないままだ。枝野氏は「公文書を改竄(かいざん)する政権を信用できるはずがない。憲法を議論できる前提を壊したのは、安倍首相本人だ」と述べ、安倍政権下では改憲の議論すらできないとの姿勢を強調している。

 一方、与党議員は「立憲民主党は『民主主義』という看板を掲げているが、議論すらしないというのは果たして民主的な姿勢なのか」と疑問を投げかける。

 日々の国会審議を見ていても、野党側は森友・加計学園の一連の問題、財務省、防衛省の公文書管理問題以外に関心がないのではないかと思ってしまうことが多々ある。

 憲法だけでなく、激変する国際情勢への対応、これからの日本経済など議論する話題はたくさんあるはずだ。内閣支持率が下がっても野党の政党支持率が上がらないのは、骨太の政策論争が展開されないからではないか。

 ある公明党幹部は、解散・総選挙を迫らない野党を見透かして、こう皮肉った。

 「われわれが野党のとき、本気で解散・総選挙を求め続けたし、国民に政権交代に向けた骨太の論争を仕掛けた。だが、今の野党からは政権交代に対する真剣さが全く感じられない。そういう意味では、恐れるに足る存在ではない」 (政治部 千田恒弥)

最終更新:4/17(火) 9:23
産経新聞