ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

藤田菜七子騎手が昨年に続き公式戦2度目の始球式登板 惜しくも昨年のリベンジは果たせず

4/17(火) 18:17配信

サンケイスポーツ

 JRA女性騎手・藤田菜七子(20歳)=美浦・根本康広厩舎=が17日(火)、千葉・ZOZOマリンスタジアムで開催されたプロ野球公式戦、千葉ロッテマリーンズ-オリックス・バファローズにて始球式を務めた。

【写真で見る】プロ野球公式戦で2度目の始球式に登板した藤田菜七子騎手

 藤田菜七子騎手がプロ野球公式戦で始球式に登板したのは、昨年4月20日に今回と同じZOZOマリンで行われた千葉ロッテマリーンズ-福岡ソフトバンクホークスに次いで2度目。

 前回は胸に「775」と入ったピンクのユニホームに身を包んで登場したが、今年は同じ775が入った勝負服姿で登場。

 「今年はノーバウンドの投球をする」と雪辱に燃えていたものの、ツーバウンド投球。惜しくも、キャッチャーの手前でショートバウンドする投球となった昨年のリベンジを果たすことはできなかったが、ナナコスマイルに球場は大きく湧き上がった。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ