ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【福島牝馬S】ワンブレスアウェイ、4きょうだいによるJRA重賞制覇なるか

4/17(火) 21:31配信

サンケイスポーツ

 7日に開幕した1回福島競馬は、今週が最終週となる。同開催の騎手成績を見ると、津村明秀騎手、丸山元気騎手が7勝を挙げ、3位の川又賢治騎手(3勝)以下に差をつけて激しいトップ争いを繰り広げている。1回福島で津村騎手は勝率.368、丸山騎手は勝率・212と高い勝率をマークしているが、開催リーディングを獲得するのはどの騎手だろうか。

 また、21日に実施される福島牝馬Sでは、津村騎手がワンブレスアウェイ(5歳、美浦・古賀慎明厩舎)、丸山騎手がサルサディオーネ(4歳、栗東・羽月友彦厩舎)に騎乗する予定。ワンブレスアウェイは、父ステイゴールド、母ストレイキャットという血統で、2009年のファンタジーS勝ち馬タガノエリザベート、2015年のクィーンC勝ち馬キャットコインを姉に持ち、妹のロックディスタウンは昨年の札幌2歳Sを制している。ワンブレスアウェイが福島牝馬Sを勝てば、4きょうだいによるJRA重賞制覇となるが、津村騎手は同馬を初の重賞勝利へエスコートすることができるだろうか。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ