ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【東京スプリント】船橋所属のキタサンミカヅキは交流重賞V歴あり

4/17(火) 22:48配信

サンケイスポーツ

 11頭出走している地方勢の中でも代表格と言って良さそうなのが、昨秋に今回と同舞台で交流GII・東京盃を制した実績があるキタサンミカヅキ(船橋・佐藤賢二厩舎、牡8歳)だろう。

 その後の4戦は勝利に見放されているが、強豪が揃った交流GI・JBCスプリント5着、さらには距離を1400~1600mに延ばして3→2→3着と、一度も大崩れはしていない。

 中央所属時代を含めても勝利を挙げた最長距離は1300mということで、1200mに戻るのは大きなプラス要素。先行馬が揃って差し馬向きの展開になってくれれば、さらに上位進出の可能性は上がってきそうだ。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ