ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

三重県の発展に寄与、8人表彰 県民功労者をたたえる

4/17(火) 11:00配信

伊勢新聞

 第54回県民功労者表彰式が16日、三重県庁講堂であり、鈴木英敬知事や県議会の舟橋裕幸議長、受章者ら計約150人が出席。鈴木知事が受章者8人に表彰状と県民功労章を授与した。

 受章者は、地方自治功労=金森正元衆院議員(80)四日市市▽教育=井村正勝元県教委委員長(75)津市▽文化=宮田正和元県俳句協会長(85)伊賀市▽社会福祉=土方義道元県保護司会連合会長(72)菰野町▽商工業=廣澤浩一元県組紐協同組合理事長(71)伊賀市▽農業=仲森廣光元県農業会議会長(90)熊野市▽地域活動=上野達彦元県青少年健全育成審議会長(70)津市▽交通安全=金谷勇県地域交通安全活動推進委員協議会長(79)明和町―の8人。

 鈴木知事は祝辞で日本近代美術の先駆者である岡倉天心の名言「歴史に未来の秘密がある」を引用し、「私たちは皆さんが刻んだ歴史から学び、未来への発展の秘密を探りたい」と功績をたたえた。

 舟橋議長は「卓越した知己と豊富な経験で県の発展に貢献いただいた。今後も県民の模範として活躍してほしい」と述べた。

 県民功労者表彰は各界で県民の模範となり、県の発展に寄与した人と団体に贈る最高位の知事表彰。制度が始まった昭和40年から昨年までに552人と7団体が受章している。

伊勢新聞

最終更新:4/17(火) 11:00
伊勢新聞