ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

鈴鹿 東名阪で多重事故 3時間半交通規制 けが人なし 三重

4/17(火) 11:00配信

伊勢新聞

 【鈴鹿】16日午前1時50分ごろ、三重県鈴鹿市岸田町の東名阪自動車道上り線を走行中の乗用車が前方の軽乗用車を追い越そうとしてハンドル操作を誤り、ガードレールや軽乗用車に衝突して停止。後から来た乗用車とトラックが巻き込まれ、車両計4台が絡む事故が発生した。それぞれの車を運転していた30―50代の男性4人にけがはなかった。

 県警高速隊によると、最初に軽乗用車を追い越そうとした乗用車が制御不能となって軽乗用車などに衝突して停止。後から来た乗用車が停止中の2台を避けて通ろうとして衝突し、後ろから来たトラックも追突したという。この事故で上り鈴鹿インターチェンジ(IC)―四日市IC間約10キロが約3時間半にわたり通行止めとなった。

伊勢新聞

最終更新:4/17(火) 11:00
伊勢新聞