ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

22日夜は「4月こと座流星群」 気になる天気は?

4/17(火) 16:44配信

ウェザーニュース

 来週末23日(月)未明に4月こと座流星群がピークを迎え、22日(日)夜から観測のチャンスがあります。
 当日は、高気圧が段々と東に離れ、変わって西から低気圧が近づいて来るタイミングとなります。


■北海道オホーツク海側、沖縄先島エリア
 低気圧の影響が少ないため、バッチリ観測することができそうです。

■九州北部
 九州北部を中心としたエリアは、低気圧本体の厚い雲に覆われるので、流星群の観測は厳しいと見ています。

■その他のエリア
 高気圧が離れて行くため上層雲の薄雲が広がりやすく、流星群はやや見えにくい状況になる予想です。


 なお、低気圧の接近タイミングが遅くなれば、見えるエリアは広がり、反対に早まると厳しいエリアが拡大することになります。

どんな流星群?

 22日~23日にかけて、4月こと座流星群(※)の活動が活発に。今年の活動のピーク(極大)は、未明3時ごろと予測されています。

 上弦の月は23日1時前後には沈むので、それ以降は月明かりの影響を受けず好条件で流れ星を観察することができそうです。運が良ければ、22日夜から観測できる可能性も。
 空の条件の良いところでは23日未明から明け方にかけて1時間あたり10個程度、空が明るいところや視界が開けていないところでも5個ほどの流れ星が見えそうです。

 ※以前は「こと座流星群」と呼ばれていた流星群ですが、現在は「4月こと座流星群」と呼ばれるようになっています。

ウェザーニュース