ここから本文です

GWに行ってみたい! 地元民おススメの千葉・内房で1日遊んで楽しめるスポット7選

4/17(火) 9:35配信

投信1

そろそろゴールデンウィーク(GW)の予定を立てようか気になっている方も多いのではないでしょうか。今年は上手に休暇を取得できれば9連休も可能なのでなおさらです。

首都圏にお住まいで、近場で海も山も、そしておいしい食事も一度に楽しみたいという方のために、今回は千葉県の内房に居を構える、いわゆる地元の人におススメスポットを聞いてみました。

2018年のゴールデンウィークはどうなっている?

今年のGWは、前半が4月28日(土)、29日(日)・昭和の日(祝)、30日(月)振替休日となっています。また後半は、5月3日(木)・憲法記念日(祝)、4日(金)・みどりの日(祝)、5日(土)・こどもの日(祝)、6日(日)となっており、5月1日、2日に休みを取れれば9連休になります。

GWは夏休みの前に長期休暇を取ることが可能な時期です。ご家族や友人同士で旅行をする計画の方もいらっしゃるでしょう。また、そこまでの遠出は難しいという場合は、近場でリフレッシュするのもいいでしょう。

内房と外房の魅力とは

千葉県の内房(うちぼう)は首都圏からも近く、都心からアクアラインを利用すると1時間強。アクアラインは交通事故などがなくても混雑する時間帯がありますので注意が必要ですが、それを避ければスムーズにアクセスすることが可能です。

内房からは、東京湾はもとより、天気が良ければ富士山も一望できます。また、対岸にある横須賀なども見ることができます。一方、太平洋に面した外房では、東京湾とは違ったスケールの大きな海を望むことができます。

今回は、アクアラインを使って木更津から館山方面へと南に下っていく内房のルートをご紹介しましょう。

マザー牧場では1日遊べます

マザー牧場をご存じの方は多いのではないでしょうか。小学校の遠足で行ったという場合もあるでしょう。そのマザー牧場では、子豚のレースや動物のショーを見たり、乗馬体験をすることもできます。

また、「ファームバンジー」と呼ばれるバンジージャンプや、全長340メートルのワイヤーロープをハーネス付きの滑車で滑空する「ファームジップ」なども楽しめます。

さらに、遊んだ後はジンギスカンでおなかを満足させることもできますし、新鮮な牛乳を使ったソフトクリームも外せません。このように、いろいろなアクティビティが揃っているので、あまり移動せず1カ所でのんびりしたいという方は、マザー牧場で1日楽しむのがオススメです。

マザー牧場からの眺望

1/2ページ

最終更新:4/17(火) 9:35
投信1