ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

新型コンパクトSUV、BMW X2を日本発売。発表会には香取慎吾さんも登場

4/17(火) 11:08配信

carview!

BMWは4月16日、新型コンパクトSUV「X2」の日本導入を発表した。「X1」や「2シリーズ・アクティブツアラー」と共通のFFプラットフォームをベースとしながら、全高を低めたクーペ風のスタイルや、SUVらしさとカジュアルな雰囲気を強調した「Mスポーツ X」の設定などが特徴となる。価格は436万円(sDrive18i)~515万円(xDrive20i Mスポーツ X)で、「メルセデス・ベンツGLA」や「アウディQ3」などがライバルになりそう。

>>BMWのブランド・フレンドに就任した香取慎吾さんも登場した発表会の模様<<

一般的な機械式駐車場が利用可能な全高1535mm

X2のボディサイズは、全長4375×全幅1825×全高1535mm、ホイールベースは2670mmと、現行X1 Mスポーツに比べて80mm短く、5mm幅広く、65mm低い(ホイールベースは同じ)。一般的な機械式駐車場の高さ制限である1550mm以内に全高が抑えられ、都市部での使い勝手に優れそうだ。

デザイン面では、下部の幅を広げたキドニーグリルや3つの吸気口で構成されるエアインテーク、「2000CS」や「3.0CS」などの歴代BMWクーペと同じくCピラーに配されたブランドロゴなどが特徴的。新たに設定された「Mスポーツ X」では、フロント中央のエアインテーク周囲、前後ホイールアーチとサイドシル、リアの下部からディフューザーがグレーに塗られアクセントとなっている。また荷室は通常時で470L、リアシート可倒時で1355Lを確保している。

エンジンは2機種を設定

初期導入で設定されるパワートレーンはガソリンのみで2機種。sDrive18iには、1.5リッター直列3気筒DOHC直噴ターボ(最高出力140ps、最大トルク220Nm)、xDrive20iには2.0リッター直列4気筒直噴ターボ(同192ps、同280Nm)が搭載され、トランスミッションは前者には7速DCT、後者には8速ATが組み合わせられる。ドライブモードは標準のコンフォート、燃費を重視したエコ・プロ、スポーティなセッティングとなるスポーツの3モードが設定されている。

1/2ページ

最終更新:4/17(火) 11:08
carview!