ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「テクニック的には怪物」エイバル指揮官が乾に最高評価下すも唯一の改善点は…

4/17(火) 11:31配信

GOAL

乾に高い評価を下すメンディリバル

リーガ・エスパニョーラでの挑戦を開始して、すでに3シーズン目に突入した日本代表MF乾貴士。スペインの地で初めて成功を収めた日本人とも称されている同選手だが、エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督からも厚い信頼を寄せられている。

カワイイは正義!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

メンディリバル監督は2015年夏に、2004-05シーズンにも指揮を執ったエイバルに復帰。同時期にチームに加わった乾を、指導し続けている人物だ。

「サイドハーフのポジションでは乾が最高」

メンディリバル監督は、スペインのフットボールカルチャーマガジン『パネンカ』とのインタビューで、乾という選手の特徴を事細かに説明している。曰く、左サイドハーフとして起用している乾は、自身にとって「最高のサイドハーフ」であるという。

「その日本人は私が求めていることを最も素晴らしく解釈している。戦術的にとても素晴らしい選手たちもいるが、サイドハーフのポジションではタカシ・イヌイが最高だ。守備的にもね」

「サン・マメス(アスレティック・ビルバオ本拠地)では、ジュンカが滑った後、ウィリアムが右サイドからゴールを決めた。翌日の戦評で、乾の採点は悪いものだった。サイドバックを助けていなかったとね。だが、私は日本人が80メートルも下がって、自陣ペナルティーエリア角でジュンカを助けるようなことは望んでいない。ジュンカを助けるべきは、左センターバックか、そのサイドのボランチだ。70メートルを走り続け、そして前にいるときにはもう疲れ果て、考える酸素を失っているというのは、私が求めることではない」

エイバルはハイプレスを仕掛けて、相手陣地でボールを奪取する回数が、リーガでも飛び抜けて多いチームだ。メンディリバル監督は、サイドハーフの選手がすべき守備は「前に走る」ことだと強調する

「自分のサイドハーフにそんなことは望んでいない。サイドハーフに求めるのは、中盤から前線で良い守備を見せることだ。前へと走り、実際に相手を圧迫することなんだよ。カバーをするのは、違う選手たちの役割となる。相手のサイドハーフがサイドバックと1対1になった場合、こちらのサイドハーフは助けていなかったと言われる。しかし、私がそのように考えることはない。そうした点において、イヌイは私にとってありがたいサプライズだった。彼はどんどん良くなっている」

1/2ページ

最終更新:4/17(火) 23:05
GOAL