ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

鹿児島でスケアードストレートによる自転車交通安全教室

4/17(火) 19:51配信

KKB鹿児島放送

KKB鹿児島放送

 自転車の交通マナーが見直される中、鹿児島県南九州市の中学校で交通事故を疑似体験する交通安全教室がありました。JA南さつまが開いたこの教室では、知覧中学校の1・2年生およそ190人がスタントマンたちの再現した6つの事故を見てその衝撃の大きさに声を上げていました。

 生徒たちは「歩行者優先ということを頭に入れて(自転車を)運転していきたい。信号無視をしないように注意したりとか止まるところはしっかり止まって安全に努めたい。」と話していました。

 全国で見ると去年1年間におよそ9万人発生した自転車乗車中の負傷者の内、およそ3分の1が19歳以下の事故となっています。

最終更新:4/17(火) 19:51
KKB鹿児島放送