ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ゴルフオタクがツアーキャディをやってわかった、プロゴルファーの「大変さ」

4/17(火) 7:02配信

みんなのゴルフダイジェスト

石川遼と1打差、重永亜斗夢の勝利で幕を閉じた東建ホームメイトカップ。激闘の裏側で、ゴルフオタクのギアライター・小倉勇人がツアーキャディに初挑戦していた! プロの戦いを間近で見た小倉が「プロゴルファーって大変な仕事だ」としみじみ語る。

ツアーキャディをやってみた

皆さんこんにちは。ギアオタクゴルフショップ店長の小倉です。実は私、前職はゴルフ雑誌の編集者をしておりまして、現在もお店を切り盛りしながら編集業、執筆業もしております。

先日中井学プロを取材中、「よしっ!」と喜んでいたので「どうしました?」と声をかけたところ「日本男子のツアー開幕戦東建ホームメイトカップの出場が決まった!」と。「おおぅ! おめでとうございます! 何ならキャディでもしましょうか?」なんて冗談交じりに言ったら、

「本当ですか? 是非お願いしますっ!」

へ? 自分なんかでいいの? たしかに学生時代(20年近く前です)にキャディはやっていたし、トーナメントバイトでツアーキャディはやっていたけど……。

というわけでやってみました!

日本のツアーでは、出場が決まっているプロは大体月曜日に会場付近に移動します。今回我々の出場する「東建ホームメイトカップ」の開催ゴルフ場は三重県桑名市にある東建多度カントリークラブ・名古屋。中井プロと相談し、東京から車で行くことに。

ツアープロは、1週間の長旅であると同時に戦うために必要なクラブがあるため、非常に大荷物です。新幹線や飛行機で移動すると体は楽な反面、荷物を預けたり送ったりとかなり面倒。もちろん車での移動は荷物の運搬は楽ですが、時間がかかる……プロ達は会場によって移動手段を変えています。我々は午前8時頃に東京を出発し、途中休憩をはさみつつ、現地に着いたのは午後2時頃。渋滞もなくスムーズな移動でした。

ツアーキャディをやってしみじみ思う。「ゴルフって、不公平!」

火曜日は指定練習日。事前に登録をして練習ラウンドを行います。一緒に回る方は、自分である程度決められます。予選ラウンドのパーティを見ると、このプロはこのプロと仲が良いのか~なんてことも見られて面白かったです。

予選ラウンドでは、主にグリーン周りのチェックをします。過去のピン位置を元に4日間どこにピンが切られるかを予想しながら、風を想定し、「どこが一番行ってはいけないところか?」「外すならどこか?」「一番バーディの取りやすいところはグリーンのどのあたりか?」等をチェックしていきます。

練習ラウンド後は、時間があればドライビングレンジへ、なければパッティンググリーンでパッティング練習。中井プロは東建に3年連続で出ているのでコースレイアウトは熟知していましたが、コンディションは毎年違うので、クラブセッティングも再度見直したりと、この日にできる限りの準備をします。

1/3ページ