ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ソフトB東浜「三度目の正直」なるか 17日3度目先発、昨季も3度目で初白星

4/17(火) 11:00配信

西日本スポーツ

■好調楽天打線を警戒

 開幕から2連敗中の東浜巨投手(27)が、17日の楽天戦で「三度目の正直」での今季初勝利を狙う。16勝で最多勝に輝いた昨季も登板3試合目に初勝利を飾り、破竹の勢いで白星を積み重ねた。「チームが勝った上で(自分に)勝ちがつくことが一番。自分の状態が良くない中でも逃げずに(相手打線と)向き合っていく」と力を込めた。

【写真】乱闘騒ぎに…投球が顔面付近を通過したアマダーに駆け寄られ驚く東浜

 初登板となった3日の西武戦、10日の日本ハム戦といずれも7回を投げたが、計4被弾も響いて2連敗を喫した。「テンポやリズムが悪くていい形で投げきることができなかった。積極的に(ストライク)ゾーンで勝負していければ。(ブルペンでは)いい感覚で投げられている。試合でどう出せるか」。昨年と同様に登板間2度のブルペン入りで備える。

 対する楽天は15日の西武戦で12得点と勢いに乗って乗り込んでくる。「パ・リーグはどこもいい打線。状態が上がっているので注意したい」と警戒を強めた。

 思い返せば昨季も初勝利まで3試合を要し、そこから6連勝。一つの白星をきっかけに飛躍のシーズンへ進んだ。工藤監督は「本人が一番それ(白星)を願っていると思う。一つ勝つと落ち着いて次も投げられる。何とか早く勝たせたい。勝てる状況だったら早めに代えることもあるかもしれない」と“援護”を約束した。

 好投手岸との投げ合い。東浜自身も「対戦するのは相手打線だけど、相手もいい投手。いかに最少失点で自分の仕事ができるか」と言い聞かせた。最多勝イヤーと重なる「三度目の正直」で息を吹き返す。

西日本スポーツ

最終更新:4/17(火) 11:00
西日本スポーツ