ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

いのちを大切に 興福寺で放生会/奈良

4/17(火) 19:07配信

奈良テレビ放送

奈良テレビ放送

 仏教の教えに従い池に鯉などを放す放生会がきょう、興福寺で営まれました。

 放生会は生き物はみな平等という仏教の教えに基づき捕らえられた生き物を自然に放す儀式で、先祖を供養する意味も込められているといいます。興福寺では、観音菩薩の縁日である4月17日に毎年行われていて、きょうは寺の境内にある一言観音堂で多川俊映貫首らによる法要が営まれたあと、参拝者らは鯉の稚魚などを入れた桶を手に寺の近くにある猿沢池へ向かいました。僧侶らと一緒に般若心経を唱えた人々はおよそ1800匹を池に放し、稚魚が元気に育つよう祈るとともに家内安全や無病息災を願い静かに手を合わせていました。

最終更新:4/17(火) 19:07
奈良テレビ放送