ここから本文です

東・西日本の太平洋側は大気不安定 短時間強雨や落雷、突風に注意

4/17(火) 5:40配信

ウェザーマップ

 きょう17日(火)は東日本と西日本では、太平洋側を中心に大気の状態が不安定になる。
特に紀伊半島や伊豆諸島では局地的に強い雨や雷雨になるおそれがあるため、注意が必要だ。
一方、北陸や北日本ではよく晴れて、気温はきのうより上がる見通し。

太平洋側 強い雨や雷雨に注意

 きょうは南の海上を前線と低気圧が進むため、東日本と西日本では雲が多くなる。
すでに西日本では雨雲のかかっている所があるが、きょうは太平洋側を中心に不安定な空模様となる見込みだ。

 沖縄や九州南部では朝から雨となり、紀伊半島でも昼頃には雨雲がかかってくる見通し。
四国や東海、関東でも夕方以降は雨が降りやすく、そのほかもスッキリしない天気となりそうだ。

 特に暖かく湿った空気がダイレクトに流れ込む三重県など紀伊半島で雨雲が発達しやすく、
局地的には雷雨となって、雨量が多くなるおそれがある。
また、伊豆諸島でも大気の状態が不安定になるため、短時間強雨や落雷、突風などに注意が必要だ。
一方、北日本ではよく晴れて、北陸でも午前中は晴れ間がある見込み。

北日本は日差し暖か

 気温は晴れる北陸や北日本ではきのうより高く、札幌の予想最高気温は16℃と、5月上旬並みとなる見込みだ。
一方、関東から西の地域でも18℃前後まで上がるが、日差しがほとんどない分、きのうと比べると2℃前後低くなる見通し。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:4/17(火) 5:53
ウェザーマップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ