ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

31年ぶりの快挙 川内選手がボストンマラソン優勝/埼玉県

4/17(火) 12:30配信

テレ玉

「公務員ランナー」川内優輝選手が快挙です。アメリカ・ボストンで行われたボストンマラソンで、川内選手が日本勢としては瀬古利彦さん以来31年ぶりの優勝を果たしました。

川内選手は、大雨と強風の悪条件の中で行われたボストンマラソンで、終盤の40キロ過ぎにトップを走っていたケニアのジョフリー・キルイ選手をかわし、2時間15分58秒でフィニッシュ。日本勢としては1987年の瀬古利彦さん以来31年ぶりの優勝で、気温4度に加え、大雨と強風という条件の中で持ち前の粘りを見せた川内選手が122回目を迎えた伝統のレースで快挙を達成しました。

川内選手は「前だけを見て自分の走りをしたら勝てた。私にとっては最高のコンディションでした」とレースを振り返りました。

テレ玉

最終更新:4/17(火) 12:30
テレ玉