ここから本文です

新型RAV4最新情報|2019年春の日本上陸に向けて価格・スペックを徹底予想!

4/17(火) 10:30配信

オートックワン

トヨタ RAV4がフルモデルチェンジ!新型モデルは2019年春に日本市場へ

1994年に日本で販売開始された後、4代目のフルモデルチェンジとともに国内販売を終了し、海外専売車種となったトヨタ RAV4。その新型モデル(5代目)が先日のニューヨークモーターショーで世界初公開されました。同時に、この新型モデルが日本市場へ投入されるというニュースも届いています。今回はこの新型RAV4に関する最新情報をお届けします。

■【一気に見る】新型RAV4の全貌

メーカー公式サイトによると、新型RAV4の日本市場投入は2019年春の予定なっています。まず2018年末にガソリンエンジン搭載モデルが北米で先行発売され、その後2019年頭にハイブリッドモデルが、そして2019年春頃に日本市場に投入という流れのようです。

トヨタ 新型RAV4の価格はどうなる?

気になるRAV4の価格ですが、現行型は北米で$24,510~、日本円換算で2,622,570円(1ドル=107円で計算)~となっています。新型RAV4は装備の追加や全体のクオリティアップなどで、これよりも若干金額がアップする可能性があります。ライバルとなる国産車は日産 エクストレイル(車両本体価格:219.8~384.5万円)、マツダ CX-5(車両本体価格:249.5~352.6万円)、スバル フォレスター(車両本体価格:241.9~312.9万円)なので、恐らくこれらに近い250万円~350万円の水準になるでしょう。

新型RAV4のボディサイズはどれくらい?

新型RAV4のボディサイズは既に公表されており、全長×全幅×全高=4,595×1,855×1,700mm、ホイールベースは2,690mmとなっています。参考までに日本で現在販売されている他の車種と比較してみたいと思います。

▼新型RAV4とそのライバル車種のボディサイズ
・トヨタ 新型RAV4(5代目):4595×1855×1700
・トヨタ 現行RAV4(4代目、日本導入なし):4648×1844×1704
・日産 エクストレイル:4690×1820×1740
・マツダ CX-5:4545×1840×1690
・スバル フォレスター:4610×1795×1715

1/3ページ

最終更新:4/17(火) 10:30
オートックワン