ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

公開された高御座と御帳台

4/17(火) 19:12配信

時事通信

公開された高御座と御帳台

 宮内庁は17日、皇太子さまが新天皇に即位されるのに伴い、来年10月22日に皇居・宮殿で行われる「即位礼正殿の儀」で新天皇が使う「高御座」と新皇后が使う「御帳台」を京都御所・紫宸殿(ししんでん)で報道陣に公開した。今後解体し、7月にも修復のため東京にトラックで移送する。
 高御座は奈良時代以降、天皇の即位儀式で使われたとされる。現在の高御座は高さ約6.5メートル、重さ約8トン。黒漆塗りの台上にある8本の円柱で八角形の屋根を支えている。御帳台と共に大正天皇の即位の際から使われ、天皇陛下も1990年11月、この高御座に昇り、即位を宣言した。

最終更新:4/17(火) 19:12
時事通信