ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

韓国版トレッキングコース「オルレ」の宮城版を開設へ 韓国からのインバウンド拡大を期待〈宮城〉

4/17(火) 12:32配信

仙台放送

仙台放送

今年10月、韓国版トレッキングコース「オルレ」のコース開設を予定している宮城県気仙沼市で17日、関係者による調査が行われています。

実際に歩いての調査を行っているのは、韓国のオルレ認定機関の関係者など約30人です。
「オルレ」は地域の歴史や文化に触れながら自然豊かな道を歩く、韓国済州島から始まった認定トレッキングコースです。
国内では九州に続き「宮城オルレ」が認定を受け、気仙沼市の唐桑コースと東松島市の奥松島コースの開設が進められています。

済州オルレ 安殷周 常任理事
「日本にオルレのコースがたくさんできて隅々まで旅行して、日本を感じられるといい」

宮城県は韓国からのインバウンドの拡大を期待し、今年度オルレ関連予算として5000万円を計上しています。

最終更新:4/17(火) 12:32
仙台放送