ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

工事中のクレーン倒れ 通行止め 西伊豆の幹線道路

4/17(火) 19:10配信

静岡放送(SBS)

 松崎町石部の国道で道路の改築工事をしていたクレーンが倒れました。この事故によるケガ人はいませんが倒れたクレーンが国道をふさぎ、現在、通行止めとなっています。
 4月17日午前9時過ぎ、松崎町石部の国道136号線で道路の改築工事でコンクリートの橋げたを吊り上げる作業をしていた設置型のクレーンが国道側に倒れました。倒れたのは「リフター」と呼ばれる設置型のクレーンで8mの支柱部分から道路側にスライドするように倒れました。
 この事故で135tあるコンクリート製の橋げたも途中で折れて落下しました。倒れた方向には人や車はなく作業員や警備員にケガはありませんでした。道路は西伊豆と南伊豆を結ぶ幹線道路で、県の土木事務所では県道などのう回路を示しています。現在、事故に至った原因を調べると共に、なるべく早くクレーンを解体して通行止めを解除したいとしています。

静岡放送(SBS)

最終更新:4/17(火) 19:10
静岡放送(SBS)