ここから本文です

あなたが過去に「説教された」ときの最長時間は?

4/17(火) 12:30配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。4月16日(月)の「社会人意識調査」のテーマは「あなたが過去に『説教された』ときの最長時間は?」。はたして、その結果は……?

Q.あなたが過去に「説教された」ときの最長時間は?

1時間以内  67.7%
1時間以上~3時間以内  24.4%
3時間以上~5時間以内  4%
5時間以上  4%
(回答数:353票)

◆「1時間以内」に関する意見
「当時18歳だった私は、会社の先輩に『経理の人わかる?』と聞かれ、『いつも金数えてる人っすよね!』と答えましたが、それを経理の方が聞いていたらしく、呼び出されて1時間近く怒られました。今考えると恐ろしいですね。もう一度ちゃんと謝りたいです」
(千葉県 32歳 男性 会社員)

「新人の頃、取引先にお返ししなければならない金額を二度も間違えてしまいました。取引先から怒られるのは当然ですが、上司からも『なんで相談しなかったんだ』と怒られました。取引先と上司に怒られた時間はたった50分。でも、私には3時間ぐらいに感じられました。最後に信じるのは自分だけなので、一生懸命勉強したり、最後のチェックを欠かさないようにしようと強く思いました」
(神奈川県 33歳 女性 派遣)

◆「1時間以上~3時間以内」に関する意見
「電話対応の仕事をしていたとき。後輩が些細なミスでお客様を怒らせてしまい、ヘッドホンからは漏れて聞こえるほどのお客様の怒鳴り声……。あまりにも収束しないので、泣きそうになっている後輩から電話を代わることに。代わった瞬間から怒鳴り声で、けっきょくなだめるまでに2時間、サービスの説明をするだけでさらに1時間。計3時間、電話をしました。最後には、お客様から『今度飲みに行こうよ~』と言われるぐらい電話口だけで仲良くなることができました!」
(埼玉県 25歳 女性 会社員)

「これまで一番怒られたのは、学生時代にクラシックバレエを習っていたときです。かなりの熱血先生に指導していただいていたのですが、説教が始まるとだいたい30分から1時間は止まらない方でした……。そして最長記録は、8月にクーラーをつけていない状態で3時間でした! 3時間のレッスンと立ったままの3時間の説教で、終わったときにはフラフラでしたが、忍耐力だけは身につきました(笑)」
(東京都 27歳 女性 会社員)

◆「3時間以上~5時間以内」に関する意見
「身だしなみについて、4時間延々と3人から怒られた思い出があります。向こうの言い分としては、再三注意したにもかかわらず従わなかったから、とのことで強行だったらしいです。病院勤務なので身だしなみにはもともと厳しい職場なのですが、私のほかにも同じような身だしなみのスタッフがいるのにと、すごく理不尽でした。でも、その人たちももういないので、今はゆるっと勤務できてます」
(神奈川県 34歳 女性 パート)

◆「5時間以上」に関する意見
「3年前、当時の部長に10時間怒られました。夕方4時から夜中の2時まで。大人になってこんなに怒られるなんて……と思っていました。あと、部長が帰りにコーラを買ってくれたことを覚えてます。だけど、なんで怒られたかは覚えてないです」
(千葉県 37歳 男性 会社員)

番組リスナーの投票による結果は「1時間以内」が67.7%と全体の約3分の2を占め、次いで「1時間以上~3時間以内」が24.4%、そして「3時間以上~5時間以内」と「5時間以上」が4%と同率になりました。長時間の説教に耐えるのはなかなかつらいことですが、長時間説教する側の根気を考えると、それもなかなかのものだと思えます。

【女性は「5時間以上」が5%超え】
男女別で見てみると、男性では「1時間以内」が66.5%、「1時間以上~3時間以内」が26.1%、「3時間以上~5時間以内」が4.1%、「5時間以上」が3.2%でした。一方、女性では、「1時間以内」が全体の7割に迫る69.6%、「1時間以上~3時間以内」が21.5%、そして3番目に高かったのが「5時間以上」で5.2%となり、「3時間以上~5時間以内」は3.7%でした。

(TOKYO FM「Skyrocket Company」2018年4月16日(月)放送より)

最終更新:4/17(火) 12:30
TOKYO FM+