ここから本文です

通学カバンが15kg超!? 学校の“置き勉禁止”ルールに悲痛の声

4/17(火) 16:01配信

TOKYO FM+

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。4月4日(水)の放送では、「イマドキの学校の話」をテーマに全国のリスナーからメッセージを募りました。すると、特に数多く寄せられたのが、学校の“置き勉(教科書など勉強道具を持ち帰らず、学校に置きっぱなしにすること)禁止問題”。

教科書や辞書、ノートなどすべてカバンに入れると10kgを超えるのはザラだそうです。しかし、学校で“置き勉”が禁止されていると、学生は教材が入った重いカバンを持って通学しなければなりません。今回は、この日番組に寄せられた“置き勉禁止”にまつわるメッセージを紹介します。

◆成長期に重たい学生カバンはつらい…
4月から中学3年生になります。私の学校は1日に、国語・数学・英語・理科・社会と5科目すべての授業がある日があります。家から学校までの距離が遠いので、カバンがすごく重たくて肩に負担がかかるのでつらいです。それなのに、「置き勉をするな」と先生に言われ、本当につらい……成長期なのに~。(14歳・女性)

◆15kg超! 重くて自転車で転んだことも…
中学生の長男は、家が田舎なので自転車通学をしています。前かごだけでなく後ろかごも取り付けて、前後に荷物を入れています。学校のルールで置き勉をしてはいけないらしく、教科書やノートの入ったリュックは15kgを超えることもしばしば。(重さ的に)子どもが自転車に荷物を乗せて走るにはちょっと心配です。置き勉してはいけないというルール、どうにかならないかな……。(息子から)帰り道、何度か転んだと聞いたことがあり、(内心)ヒヤッとしています。(埼玉県・35歳・男性)

◆PTA役員になって問題提起してみては?
置き勉は学校裁量で(許可することが)できるから、PTA役員になって(ルールについて)意見してみてはどうでしょうか。(東京都・35歳・男性)

◆あまりの重さに肩の高さに大きな違いが…
娘が1時間の電車通学で中学、高校に通い、高校2年生のときに側弯症(そくわんしょう)になってしまいました。体が曲がって肩の高さが左右大きく違ってしまい、病院で診断書をもらいました。学校にはリュック通学を許可してもらいましたが、本当に可哀想です。成長期に重いカバンは絶対にやめてほしい。(東京都・女性)

◆“置き勉”に対する教師の本音は…
中学生になる娘がいます。毎日10kg以上のバッグを担いで通学路を往復しています。以前あった保護者の懇親会のときのこと。先生が「学校側の立場としては置き勉はダメと言うしかない」と言った上で「でも、みんな真面目すぎる。本心としては、もう少しうまくやってほしい」と言っていました。(埼玉県・35歳・男性)

“置き勉禁止”にまつわる悲痛な意見の数々に、パーソナリティの住吉は、「私も中学のとき通学カバンがすごく重くて、そのせいで太ももが太くなったと思っていたくらい(笑)」と話し、自身も重たいカバンを下げての毎日の通学は大変だったようです。それだけに、「確かに成長期の女子にとってはつらい」とこれらの声に共感しつつ「5科目ある日は(一部)置いて帰ってもいいとか、(学校側も)いろんなことを模索してみるのは大事だと思う」と話していました。

(TOKYO FM「Blue Ocean」2018年4月4日(水)放送より)

最終更新:4/17(火) 16:01
TOKYO FM+