ここから本文です

あなたは大丈夫? 職場の同僚に嫌われているのかもしれない22のサイン

4/17(火) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

誰にでも嫌いな人、苦手な人はいるものだ。

プライベートなら、わざわざ付き合う必要はないかもしれない。でも、仕事ならそうもいかない。

あなたは大丈夫? 職場の同僚に嫌われているのかもしれない22のサイン【他の写真をみる】

職場環境の専門家で『Tame Your Terrible Office Tyrant: How to Manage Childish Boss Behavior and Thrive in Your Job』の著者、リン・テイラー(Lynn Taylor)氏は言う。

「大半の職場の同僚は、例えあなたのことが嫌いでも、それを表立っては見せないでしょう。わざわざ問題を起こしたり、自身のキャリアをリスクにさらしたくないからです。それでも、あなたは仕事がしづらくなるでしょう。こういった状況はできるだけ避けたいものです」

自分が職場で嫌われていないか、現状を把握し、手遅れになる前に何らかの対処をするためには、同僚が出している“サイン“を知っておくといい、とテイラー氏は言う。

「もちろん、職場の全員から好かれるのは不可能ですが」

それでも、同僚が何を必要としているかを感じ取ったり、常にポジティブかつフレンドリーな態度で、オープンにコミュニケーションを取ったり、同僚の味方をする努力はすべきだ。

「こうしたことができる人には、より明るい未来が開けます」テイラー氏は言う。「プラス、職場でしっかりとした健全な人間関係が築けていれば、仕事の効率も上がり、成功につながるでしょう」

これには、『The Humor Advantage』の著者であるマイケル・カー(Michael Kerr)氏も同意する。

「同僚があなたのことを好きなら、何をするにもやりやすくなります」カー氏は言う。「一番必要なときにあなたを支持してくれるでしょうし、頼み事をするのも容易になります。必要があれば手を貸してくれるでしょうし、部署の垣根を越えてより協力し合えるでしょう」

周りから好かれていることで、あなたの士気も上がり、生産性や集中力、想像力が増し、何事においても成功できるだろうと、同氏は言う。

以下、あなたが実は同僚から嫌われているのかもしれない、22のサインを紹介する。

(※全ての写真は記事上部のリンクからご覧になれます)

あなたの心がそう言っている ー 意外と予感は当たるものだ

あなたが近くにいると笑わない

あなたとのアイコンタクトを避ける

しばしば、あなたのことをじっと見ている

あなたのことを避ける

あなたの存在に気付かないふりをする

あなたの噂を流す

何か聞いても、短い答えしか返ってこない

ネガティブなボディーランゲージを見せる ー 視線を逸らす、腕組みをする、声をかけてもパソコンのスクリーンから目を離さないといったことが続くときは要注意だ

隣に座っているのに、基本的にメールでしかコミュニケーションを取らない

家族や趣味など、プライベートなことは一切尋ねない

ランチ会や飲み会などにあなたを一切誘わない

あなたの意見に反対ばかりする

職場のちょっとした面白い会話や冗談の輪に一切入れてもらえない

あなたのアイデアを横取りされる

あなたに対して、持っていないはずの権力を振りかざそうとする

高校時代を思わせるような小さなグループを作って、あなたを仲間外れにする

業務上必要な情報を与えられないなど、根本的に信頼されていない

転職を勧めてくるなど、間接的にあなたを辞めさせようとする

あなたを裏切る ー 物事がうまくいかなかったとき、何でもあなたのせいにされていないか? あなたがミスをすると、鬼の首を取ったように上司に告げ口されていないか?

あなたやあなたの仕事を常に後回しにする

あなたに対して、常に身構えている

[原文:22 signs your coworkers secretly hate you]

(翻訳、編集:山口佳美)

最終更新:4/17(火) 22:13
BUSINESS INSIDER JAPAN