ここから本文です

ブラックホールの色?ギネス世界記録に認定された世界一黒い人工物質「ベンタブラック」

4/17(火) 21:00配信

bouncy

無数の極小カーボンナノチューブを「森」のように配置することで、光を当ててもほとんど反射しないほど黒い物質が「Vantablack(ベンタブラック)」だ。ブラックホールの色とも表現される塗料で、Surrey NanoSystemsが幅広い用途に活用するべく、開発を続けている。

買える?

「ベンタブラック」は、開発元であるSurrey NanoSystemsの公式サイトで、サンプルの注文を受け付けているが、誰でも購入できるわけではない。個人の注文は受け付けておらず、博物館や大学などの研究・教育機関などは、サンプルを購入できるようだ。

もっと詳しく

「ベンタブラック」はスプレーを吹き付けて塗装することができるが、厳密には黒い塗料や色素というわけではない。1平方cmあたり約10億ものカーボンナノチューブの「森」で形成されているため、深い森に光が届きにくいのと同様に、光を当てても反射しない。そのため、黒い塗料よりも黒く見えるという仕組みだ。

可視光線を99.965%吸収するため、「ベンタブラック」で塗装した物体は凹凸すら見えなくなり、まるで穴が空いていると感じるほど。不要な光の反射を制御できるため、高性能赤外線カメラ、宇宙衛星の外壁など、幅広い分野での使用用途が想定されている。

さらに、吸収した光を熱に変換する能力も備えているため、太陽光発電業界での活用も期待されているという。
・ ・ ・

なお、「ベンタブラック」を見た人は触り心地を確かめたくなるそうだが、直接触ると壊れてしまうとのこと。つまり「世界一黒いクルマ」や「世界一黒い服」といった用途には向いていないようだ。

その一方で、ほとんど質量を持たないため、ロケット発射などの衝撃には耐えられる弾性を持ち合わせている。世界一黒い物質を使って、新しいテクノロジーが発展していく。


Surrey NanoSystems

Viibar.Inc

最終更新:4/17(火) 21:00
bouncy