ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

誤審と警告に激怒、明らかなアウトも覆らず「何言ってるんだ」<男子テニス>

4/17(火) 15:46配信

tennis365.net

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は16日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク51位のJ・ドナルドソン(アメリカ)は第15シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)に3-6, 3-6のストレートで敗れた。試合中には審判の誤審にドナルドソンが激怒する場面があった。

【錦織vsメドヴェデフ 1ポイント速報】

第1セットを落とした21歳のドナルドソンが1ブレークダウンで迎えた第2セットの第6ゲーム、ラモス=ヴィノラスのゲームポイントで問題は起きた。

ラモス=ヴィノラスが放ったサービスを主審はインの判定。

これに対し、ドナルドソンはチェックを求めた。そして、インの判定にドナルドソンは抗議し、「何言ってるんだ、マークがここにあるだろ。あなたはマークを示してない、ここにマークがあるだろ!」と会場に響き渡る大きさの声で叫んだ。

その後スーパーバイザーを要求し、試合は中断。スーパーバイザーと3名で協議しても判定が覆ることはなかった。

ビデオで確認すると、サービスはラインからボール1つ分以上離れていることが分かり、明らかな審判の誤審であった。

その後、事態は収拾したかのように思われた矢先に、問題は再び起きた。

主審がドナルドソンの態度に対して警告を発し、これに怒ったドナルドソンは再びスーパーバイザーを要求。「いつでも呼びたい時にスーパーバイザーを呼べるんだよ!」と試合続行を拒否した。

さらに主審とスーパーバイザーへ「(警告は)何に対してだよ?」と理由を求めたドナルドソンは、最後に「あなたの気持ちを傷つけて申し訳なかったね」と皮肉を放った。

判定が覆ることなく敗れたドナルドソンは、主審と挨拶を交わすことなく、後味の悪い終わり方となった。

勝利した世界ランク24位のラモス=ヴィノラスは2回戦で、T・サングレン(アメリカ)とP・コールシュライバー(ドイツ)の勝者と対戦する。

tennis365.net

最終更新:4/18(水) 12:30
tennis365.net