ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【米で黒人逮捕】「待ち合わせで注文せず滞在」はどこまで許容?弁護士に聞いた

4/17(火) 18:00配信

FNN PRIME

スタバで「商品を購入せず滞在」で逮捕

4月12日、アメリカ東部・ペンシルベニア州のスターバックスコーヒーの店内で、友人と待ち合わせをしていた黒人男性2人が逮捕された。

【解説】 友人を待ってるから…どこまで許される?

通報の理由は、「商品を購入していない」から。
店側は男性2人に店を出るよう要請したが、彼らはこれを拒否。そのまま別の友人と待ち合わせに利用し、店舗内のトイレを借りようとしたところ、「不法侵入」であるとして通報され、警察に逮捕された。

男性らが警察官に拘束され、連行される様子を店に居合わせた客が撮影し、ツイッターに投稿。
この動画が拡散されると、「人種差別だ」と波紋を呼び、店内では抗議デモが行われた。

「人種差別」批判にスタバが謝罪

投稿者は、スターバックスのアカウントに向けて、ツイッターで次のようなメッセージを送った。


この男性たちは「何も注文していない」という理由で警察を呼ばれた。
彼らは友人を待っていただけで何もしていないのに、手錠をかけられた。
他の白人の人たちは、自分たちが同じことをしても逮捕されないのはなぜだろうと疑問に思っている。


これに対し、スターバックスは、2人の男性に謝罪するコメントを発表。

警察は2人を既に釈放しているが、ジョンソンCEOは、「非難すべき出来事」だったとして、逮捕された2人に直接会って謝罪したい意向を示した。

さらに、「スターバックスは差別に断固反対する」として、再発防止に努めることを表明している。

「待ち合わせで注文せず」日本ではどこまで許容?

アメリカでは人種差別問題として大きな騒動になっているが、カフェや飲食店などで今回のように「待ち合わせなどのために注文せず店に滞在する」行為自体は一般的にどこまで許されるのか?

あい弁護士法人富良野・凛と法律事務所の足立敬太護士に、日本の法律に基づいた見解を伺った。

店側が注意・退店を促せば「滞在時間5分」でも違法行為に!?

ーー商品未購入での店舗の滞在・利用が許されるのは、どれくらいの時間まで?

時間というよりも、店長や店舗管理責任者の言動によって判断すべきだと思われます。
店長等が何も言わないのであれば、滞在者の行動を黙認していると同視され、極端な話、開店直後から閉店まで居座っても法律上は問題ないと考えます。

店が迷惑だと考えるのであれば、店長等が退店を促せばいいのです。
逆に、店長等が未購入者の利用を注意して退店をお願いする・命じるなどすれば、滞在時間が5分程度であっても、以後の滞在は法律上問題になり得ると考えます。

あるいは、個別の注意ではなく、張り紙や看板で商品未購入者の立入・利用禁止を明示しておけば、立入時点から法律上の問題となりえます。


ーー店側は、客の行動に対してどこまで注意をする権利がある?

店側(店長等)は、例えば禁煙・喫煙、携帯電話通話や店外持ち込み飲食・客席での勉強の禁止など、客の店内での過ごし方全般について注意する権利があります。


ーー店の方針に合わない行為への適切な対応とは?

まずは個別行為についてルール遵守への協力を求めることから始まり、応じて貰えない場合は、より強力な命令、そして最終的には退店という流れになります。


ーー「商品を購入しないで待ち合わせに店舗を利用する」ことは、法律上問題がある行為?

利用者のモラルやマナーに訴えるべき行為であり、法律上直ちに問題があるとは言い切れません。
ただ先ほど述べたように、禁止を予め明示しておけば防げるマナー違反です。

ーー店側に退店を促されて拒否したら違法なのか? その場合、どのような罪にあたる?

退店を促された、お願いされた、あるいは退去(退店)を命じられたのに応じなかった場合は、不退去罪(刑法130条後段)の成立の可能性があります。

商品を購入していないという点を除いて、他の利用客と同様に客席を利用していたという程度に留まるのであれば、業務妨害罪は成立しないと思われます。


足立弁護士の見解によると、
日本の場合、「待ち合わせで注文せず店に滞在する」行為自体は法律上問題はなく、時間的な線引きも難しいが、店側が注意し退店を促しても応じなかった場合は違法行為にあたる可能性があるということだ。


足立敬太氏
あい弁護士法人富良野・凛と法律事務所所属弁護士。
企業法務(労使関係・契約・医療介護・農業)・消費者問題・離婚などの案件を得意とする。

最終更新:4/17(火) 19:29
FNN PRIME