ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ビール輸入販売会社を刑事告発 脱税の疑い

4/17(火) 20:55配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

世界各国のビールの輸入販売で業績を伸ばしている会社が、脱税の疑いで告発された。

東京国税局から告発されたのは、東京・目黒区の「日本ビール」と、内田 茂社長(66)。

内田社長は2016年、架空の広告宣伝費を計上し、所得を少なく見せる手口などで、およそ1億6,300万円の所得を隠し、法人税など、およそ4,000万円を脱税した疑いが持たれている。

関係者によると、脱税した金は、会社の社長室の金庫などに現金で保管していたという。

「日本ビール」は、FNNの取材に「弊社としては発表することはない」とコメントしている。

最終更新:4/17(火) 20:55
ホウドウキョク