ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

アニメ文化発信へ『蔵』に新施設 三春の中心部に6月にも拠点

4/17(火) 11:03配信

福島民友新聞

 三春町のアニメ制作会社福島ガイナックスは早ければ6月にも、町がアニメ文化発信拠点として改修する蔵を活用し、アニメ制作のサテライト施設を設置する。町はワークショップなどを通じて人を呼び込み、地域のにぎわいにつなげたい考え。
 同社は町内の旧中学校舎を「福島さくら遊学舎」として活用、アニメ制作やイベント開催に取り組んでいる。一方、町中心部から数キロ離れた場所にあるため、町全体への観光や経済面での波及効果に課題もある。
 今回改修中の蔵は中心市街地の町北町にある。同社は、子どもたちにアニメ作りの過程を披露することで、アニメに親しみやすい環境を整える。町や同社はアニメ制作体験イベントを催し、アニメクリエーター輩出などの人材育成に力を入れる方針だ。
 改修する蔵はもう一つあり、観光案内所として整備し、観光情報を提供する。町産業課は「どちらも気軽に立ち寄れる施設にしたい。相乗効果で、にぎわい創出につながれば」と期待する。

福島民友新聞

最終更新:4/17(火) 13:36
福島民友新聞