ここから本文です

現金966万円、引き出される 不審に思った金融機関が連絡、詐欺に気付く 66歳女性が被害/越谷

4/17(火) 23:29配信

埼玉新聞

 埼玉県の越谷署は16日、越谷市の無職女性(66)がキャッシュカード5枚をだまし取られ、現金966万円が引き出されたと発表した。

 同署によると、12日午後4時ごろ、女性方に市役所職員を名乗る男から「医療費の還付金を振り込みます。口座を教えてください」「あなたの口座から50万円が引き出されています。口座を止めるのにキャッシュカードを預かる必要があります」「職員が受け取りに行くのでカードを渡してください」と電話があった。

 信じた女性は同日午後6時ごろ、女性方を訪れた金融機関職員を名乗る男にキャッシュカード5枚を手渡した。多額の現金が下ろされていることを不審に思った金融機関から16日、女性方に連絡があり、詐欺被害と気付いた金融機関が警察に通報した。

 女性の5口座から計966万円が引き出されていた。女性方を訪れた男は30歳前後で身長約170センチの中肉、黒色短髪、黒っぽい上下スーツを着用、黒っぽいビジネスバッグを所持していたという。

最終更新:4/17(火) 23:29
埼玉新聞