ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

今回もゴルフ外交!シンゾー・ドナルド会談は成果あがる?

4/17(火) 20:00配信

FNN PRIME

真価が問われるシンゾー・ドナルド6度目の首脳会談

日本時間の18日と19日、安倍首相とトランプ大統領との注目の日米首脳会談が、フロリダ州のトランプ氏の別荘で開かれる。
会談では、今月27日の南北首脳会談や6月上旬までに行われる見通しの米朝首脳会談を前に、北朝鮮政策での綿密なすり合わせが最大の焦点となっている。

「蚊帳の外」にはならない?

アメリカへの出発に際し、安倍首相はこう強調した。
「強固な日米同盟の絆を発信していきたい。北朝鮮による完全検証可能、そして不可逆的な方法による核・ミサイルの廃棄の実現に向けて、最大限の圧力を維持していくことを確認していきたい。そして何よりも大切な拉致問題について、初の米朝首脳会談に向けて、拉致問題が解決に前進するよう、トランプ大統領とすりあわせをしていきたい」

そのおよそ2時間前、菅官房長官は記者会見で、両首脳が今回もゴルフ外交を行うことを明らかにした。菅長官は2人がゴルフを行える特別な関係であることを強調している。
実は、菅長官は安倍首相とトランプ大統領との20回に及ぶ電話会談のすべてに同席していて、2人の関係を最も近くで見続けている人物の一人だ。

米朝首脳会談合意を伝える安倍―トランプ電話会談の舞台裏

「シンゾー、グッドニュースだ!」3月9日午前9時前、史上初の米朝首脳会談開催の知らせをトランプ大統領は真っ先に安倍首相に伝えた。

この会談にも同席していた菅長官は、その2時間ほど前の午前7時、アメリカのハガティ駐日大使と都内で朝食を共にしていた。そして7時20分過ぎ、ハガティ大使のもとに「トランプ大統領が何としても、9時前に電話で首脳会談をやりたいと言っている」という報告の電話が入った。

それを伝えられた菅長官は直ちに要請にこたえるよう指示した。緊急の電話会談がセットされた瞬間だった。

電話会談でトランプ大統領は「韓国が発表する前にシンゾーだけには事前に伝えたかった」「我々の圧力が功を奏した」「核廃棄、不可逆的、シンゾーの言う通りになってきている」と述べた。
さらに、金正恩委員長と会談した韓国特使からの報告を、詳細に安倍首相に説明し、アドバイスを求めた。

1/2ページ

最終更新:4/17(火) 20:00
FNN PRIME