ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【ラ・リーガ第33節】 セルタ対バルサの先発予想を発表 !

4/17(火) 22:26配信

SPORT.es

日本時間18日(水)4:00にラ・リーガ第33節セルタ・デ・ビーゴ対FCバルセロナの一戦がセルタのホームで行われる。

【バルサの招集メンバーがセルタ戦のためヴィーゴへ出発】

セルタの本拠地バライドスは近年、常にバルサを苦しめるスタジアムと化している。直近3回の訪問でバルサは一度も勝利できておらず、合計8失点を喫している。

今回、同一戦はこれまでとは異なる状況で迎える事となる。何故なら日本時間22日(日)4:30からセビージャと対戦するスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)の決勝が控えている事を考えない訳にはいかないためだ。

それ故、バルベルデは「選手の入れ替えがあるのはハッキリしている」と語っている。リーガでは残り6節で2位のアトレティコに対して11ポイントのアドバンテージを有しているため、バルベルデはこの一戦にローテーションを用いる事が可能である。

招集メンバーは既にそのヒントを与えている。
ラキティッチ、ブスケツ、イニエスタ、ピケというセビージャ戦で先発するだろう4人の主力選手達が招集外となっている。

最終的にメッシとスアレスは招集リストに含まれたが、バルベルデはこの2人を先発から外し、休養を与える可能性もあるだろう。

セルタは12月17日にビジャレアルに0-1で敗れて以降、ホームでは無敗を誇っている。
また、バルサもこの試合でリーガでの無敗記録(現在39試合)更新を狙う。

先発にはフェルメーレンがセンターバックの1枚に入ると思われる。そしてコウチーニョは再び先発が濃厚だが、今回のポジションは左のインサイドハーフになるだろう。

右サイドには前節、控えに回ったデンベレが先発に復帰する可能性が高い。
中盤にはパウリーニョとアンドレ・ゴメスが入ると思われるが、右サイドバックにセメドが入り、セルジ・ロベルトが中盤の一角を担う可能性も否定できない。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:4/17(火) 22:26
SPORT.es