ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

セクハラ被害の女性記者に麻生財務相が「申し出て」

4/17(火) 16:06配信

ホウドウキョク

財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑について、麻生財務相は閣議後の記者会見で、相手の女性記者が名乗り出ない限り、セクハラの認定は難しいとの考えを示した。

・ムービー「セクハラ被害の女性記者に麻生財務相が「申し出て」」

麻生財務相は「きちんとした対応をするためには、第三者の弁護士にやってもらおうじゃないかということで。弁護士も、女性を必ず入れるんだよ。(当事者が仲裁役を選ぶのは公平性に欠けるのでは?)どうすればいいっちゅうわけ、公募しろっていうんですか。具体的なことを言え」と話した。

麻生財務相は、今回の調査の正当性を強調するとともに、音声の主とされる女性記者について、「申し出てこなければどうしようもない」として、セクハラの認定は難しいとの考えを示した。

一方、渦中の福田次官は、17日朝、記者団からの「あらためて、辞任される考えはありますか?」、「ご自身の口で説明されることは考えていないですか?」などの質問に、無言を貫いた。

最終更新:4/17(火) 16:06
ホウドウキョク