ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

新天皇の即位儀式で使用 「高御座」公開

4/17(火) 22:58配信

ホウドウキョク

2019年10月、新天皇の即位の儀式で使われる「高御座(たかみくら)」が報道公開された。

・必見「新天皇の即位儀式で使用 「高御座」公開」の動画

お代替わりを象徴する高御座、長寿や長い繁栄を願った、金色の鳳凰(ほうおう)が飾られている。

京都御所に保管されている、高さおよそ6.5メートルの高御座は、大正天皇の即位にあたり、作られたもの。

平成の代替わりの際は、厳戒態勢のもと、自衛隊のヘリコプターを使って皇居へと輸送されたが、今回は夏にも解体して、陸路トラックで運ぶという。

漆の塗装などを修復したのち、2019年10月22日の「即位礼正殿の儀」で、新天皇となった皇太子さまがこの台に立たれる予定。

最終更新:4/17(火) 22:58
ホウドウキョク