ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

平成の屋台曳きそろえ 飛騨高山まつりの森

4/17(火) 7:38配信

岐阜新聞Web

 岐阜県高山市千島町の観光施設「飛騨高山まつりの森」で展示されている「平成の屋台」5台が、同施設駐車場に曳(ひ)きそろえられ、外国人観光客らが見入った。
 曳きそろえは同施設が地元の千島白山神社の例祭に合わせて奉納のために行い、3回目。平成の屋台は、高山祭の屋台修理などに関わる匠たちの伝統の技を守り残そうと高山祭の屋台をベースに作られたオリジナルで、全部で8台ある。
 このうち相撲がモチーフで幕に力士が描かれた「力神台」や臥龍(がりゅう)桜にちなんだ「臥龍台」など5台が雨のやんだ15日午後、外へ出された。からくりも上演され、輝きを放った。
 同施設で展示している直径約2・7メートルの大太鼓も駐車場に出され、演奏が披露された。

岐阜新聞社

最終更新:4/17(火) 7:38
岐阜新聞Web