ここから本文です

吉田羊、アイドル並みの声援に「私、アラフォーなんですけど・・・」

4/17(火) 21:00配信

Lmaga.jp

吉田羊が恋に迷走するアラフォー女性を演じる映画『ラブ×ドック』。その舞台挨拶が17日、大阪「阪急うめだホール」(大阪市北区)でおこなわれ、主演の吉田羊と鈴木おさむ監督が登場した。

会場の若い女性からアイドル並みの熱狂的な声援で出迎えられた吉田羊。「私、アラフォーなんですけど、これだけ黄色い声援が飛ぶなんて。ありがとうございます」と照れる吉田。そして、「舞台から客席って、意外と見えないじゃないですか。あるとき、『うちわだと分かるんだけど・・・』と言ったら、みんな作ってきてくれて。素直ないい子たちです」と、ファンの心遣いに感謝した。

吉田が演じたのは、仕事で成功を収めながらも、恋愛でいろんなものを無くしてきた40歳の飛鳥。「すごく疲れました。(飛鳥の)喜怒哀楽の波が激しいので。映画の前半、相手のプロポーズを引き出すために、女子力の高い女を演じるシーンがあるんですけど、監督から『羊さんの思う2割増しで演じて』って言われて。私、普段そんなことやったことないから分からなくて。ものすごい照れました(苦笑)」と、撮影をふり返った。

また、大阪のグルメスポットにもよく通っていたという吉田。「NHK大阪の『純と愛』(2012年)というドラマに出演していたので。『グリルピエロ』(大阪・肥後橋)さんのハンバーグ、大好きなんです」とも。同映画は5月11日から公開される。

最終更新:4/17(火) 21:00
Lmaga.jp