ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ロシアへの長旅目前、中継地にマガン3万5千羽

4/17(火) 17:26配信

読売新聞

 北海道美唄(びばい)市の宮島沼(みやじまぬま)に約3万5000羽のマガンの群れが集まり、朝焼けの空にシルエットを浮かび上がらせている。

 宮島沼は、繁殖地のロシア極東へ向かうマガンの国内最終中継地の一つ。周りに田畑などのえさ場が多く、群れが飛来する。

 宮島沼水鳥・湿地センターによると、マガンは沼の氷が解けた12日から数が増え続け、4月下旬にピークを迎える。体力を蓄えた後、5月初めには北へ旅立つ。

 沼は夜明け前から鳴き声と羽音が響き渡り、日の出頃にえさ場へと一斉に飛び立つ「ねぐら立ち」が連日見られる。写真撮影に訪れた札幌市の会社員相沢啓太さん(33)は、「命の力強さを感じた」と話した。

最終更新:4/17(火) 17:45
読売新聞