ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

日米、対北で結束確認へ…首脳会談へ首相出発

4/17(火) 12:53配信

読売新聞

 安倍首相は17日昼、トランプ米大統領との首脳会談のため、米国に向けて政府専用機で羽田空港を出発した。

 17、18日(日本時間18、19日)に会談し、5月以降に予定される米朝首脳会談に向けた対処方針をすり合わせ、結束をアピールしたい考えだ。米国の環太平洋経済連携協定(TPP)への復帰の可能性なども議題になるとみられる。

 首相は出発に先立ち、首相官邸で記者団に「核・ミサイルの廃棄実現に向けて最大限の圧力を維持していくことを確認したい。米朝首脳会談に向け、拉致問題解決に前進するよう全力を尽くしたい」と語った。

 首相の訪米は昨年9月、国連総会出席のためニューヨークを訪問して以来。トランプ氏との首脳会談は6回目となる。

最終更新:4/18(水) 23:42
読売新聞