ここから本文です

「見応えある」 新ビジネスドラマ『ヘッドハンター』初回に絶賛の声

4/17(火) 11:06配信

クランクイン!

 江口洋介が主演するドラマ『ヘッドハンター 転職の案内人』(テレビ東京系/毎週月曜22時)の第1話が16日に放送された。テレビ東京が4月クールからスタートしたビジネスをテーマにした新ドラマ枠「ドラマBiz」の第一弾作品である本作。サラリーマンの本音を見事に描き出し、「大人のドラマって感じで面白かった」「テレ東の本気を見た」「メッチャええやん… 毎週録画決定!」と絶賛の声が多数寄せられた。

【写真】新ドラマ『ヘッドハンター』記者会見フォトギャラリー


 本作は、企業の要望に応え、必要な人材の転職を斡旋する“ヘッドハンター”を生業とする黒澤和樹(江口)を通じ、転職にまつわる様々な人間模様を描いた作品。第1話では、大手家電メーカーのマルヨシ製作所の技術者がヘッドハンティングされる。

 マルヨシ製作所の社長・横河は大勢のマスコミを前に、大幅な構造改革を発表。その様子を会議室のモニターで見ていた技術者の谷口(北村有起哉)は、消極的な経営方針にうんざりしていた。そんなある日、谷口は「SAGASU」代表のヘッドハンター・黒澤から転職の誘いを受ける。音響機器のエンジニアとしての手腕が買われての引き抜き話だった。

 これまでにない、ヘッドハンターという仕事から、会社にまつわる人間ドラマを丁寧に映し出し、放送終了後には、「会社勤めしたことある人ならセリフやシチュエーションでジワリと共感しちゃう」「見応えあったなー。転職ってほんま人生の一大決心。家族や世話になった人を言い訳にできないんだよな」「古き良き師弟関係にキュンとしたりせつなくなったり…きっと今夜は日本中のおじさんたちが号泣してますね!」「最後のヒネリが面白かった。地味なドラマだけど良作の予感」と大きな反響を呼んだ。

 さらに、第1話のゲストで、ヘッドハンティングされたことをきっかけに、仕事と家族、そして恩のある上司の間で悩むサラリーマンを演じた北村の熱演も話題に。ネットでは、「演技が良かった~。観ているこっちまで一緒に悩んでしまったw」「北村有起哉さんの演技ものすごい良い。好き」「説得力すごいな」と、その演技を賞賛する声が相次いだ。

 ドラマBiz『ヘッドハンター』は、テレビ東京系にて毎週月曜22時放送。

最終更新:4/17(火) 11:36
クランクイン!