ここから本文です

ウェイドがゲームハイの28得点! ヒートがシクサーズを下して1勝1敗へ

4/17(火) 14:03配信

バスケットボールキング

ベテランのウェイドが貴重な1勝をもたらす

 4月17日(現地時間16日)、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(1勝)とマイアミ・ヒート(0勝)のシリーズ第2戦が、シクサーズのホーム、ウェルズ・ファーゴ・センターで行われた。

 初戦に快勝したシクサーズは、アミア・ジョンソンに代えて前の試合で17得点14リバウンドを挙げたアーサン・イリヤソバを先発に抜てき。第1クォーターはそのイリヤソバが8得点を挙げるなど、シクサーズが29-22で7点のリードで終える。

 第2クォーターはベテランのドウェイン・ウェイドがこのクォーターだけで15得点(前半計21得点)を挙げる活躍でヒートが逆転する。同クォーター開始から8連続得点で一気に逆転したヒートは、ゴラン・ドラギッチやジェームズ・ジョンソンらの活躍もあり、徐々にリードを広げ、前半終了時には56-42と14点リード。このクォーター、ヒートは34-13と、シクサーズを圧倒した。

 第3クォーター残り9分38秒。シクサーズはベン・シモンズのアシストからダリオ・シャリッチが3ポイントシュートを決めて51-58の7点差まで詰め寄るも、ヒートはジョシュ・リチャードソンが3ポイントシュートを決めてすぐさまリードを10点へと引き戻す。その後、ヒートは再びリードを広げ、86-75で最終クォーターへ。

 第4クォーター。シクサーズはシャリッチの活躍もあり、点差を縮めていく。残り8分30秒にシモンズがダンクをたたき込み、87-93と6点差まで近づいた。ヒートはJ.ジョンソンが長距離砲を決めて9点差に戻すも、シモンズが奮闘し、4点差まで詰め寄り、逆転可能な射程圏内までヒートを追い詰めていく。そして残り4分29秒、シクサーズはイリヤソバがティップインを決めて96-98。とうとう2点差まで追いついた。

 だが、そこからヒートはウェイドとJ.ジョンソンがダンクを決め、ドラギッチのジャンパーも決まって6連続得点を奪取。残り2分15秒でマルコ・ベリネリのジャンパーが決まって6点差まで粘ったシクサーズだったが、残り47.9秒にウェイドがとどめの一発を決め、最終スコア113-103でヒートが勝利。シリーズを1勝1敗のタイとした。

1/2ページ