ここから本文です

ハムのトンキン&マルティネスは上々、楽天は苦戦…パ外国人診断

4/17(火) 10:21配信

Full-Count

各球団が5カード消化、西武が好スタート切ったパ・リーグの助っ人の成績は?

 プロ野球は15日、各地でデーゲーム6試合を行った。3月30日の開幕戦から2週間半が経過し、各球団5カードを消化。これにより、リーグ内での対戦が一巡した。

【表】各球団の新戦力をチェック! 2018年シーズン 各球団の新外国人一覧

 パ・リーグは昨季リーグ2位だった西武が開幕から8連勝をマークしてスタートダッシュに成功。14試合を終えて11勝3敗の貯金8としている。昨季日本一のソフトバンクは本調子とはいかないまでも、7勝5敗の貯金2で西武と3ゲーム差の2位につけている。

 昨季最下位のロッテは13試合を終えて7勝6敗の貯金1で3位にいる。波に乗れないのが、オリックスと楽天の2球団。オリックスは4勝9敗1分の借金5、楽天は12球団最速で10敗に達し、4勝10敗1分の借金6となっている。

 スタートダッシュに成功したチーム、失敗したチーム、それぞれ2018年のスタートを切ったわけだが、チームの浮沈を左右する各球団の助っ人たちは、この2週間半でどんな成績を残したのか。ここではパ・リーグ6球団の助っ人たちの開幕5カードの働きを診断してみよう。

◯1位:西武(11勝3敗)
ニール・ワグナー投手
4試合0勝0敗0ホールド0セーブ 防御率8.10

ファビオ・カスティーヨ投手
2試合1勝1敗0ホールド0セーブ 防御率4.22

ブライアン・ウルフ投手
3試合1勝1敗0ホールド0セーブ 防御率6.57

エルネスト・メヒア内野手
10試合29打数5安打0本塁打1打点 打率.172

1軍出場なし
郭俊麟投手

 開幕8連勝の好スタートを切った西武。新助っ人のカスティーヨは初先発で1失点と好投し初勝利をマーク。2度目の先発では4回4失点で降板したものの、その能力は高いものを感じさせ、期待できる。ワグナーは7、8日のオリックス戦で2戦連続で失点し、不安を残している。ウルフは15日の楽天戦で1死しか取れず7安打8失点の大炎上。おまけに右腕の異変を訴えて降板してしまい、その状態が気がかり。メヒアも打率.172とバットが湿った状態が続いている。

1/2ページ

最終更新:4/17(火) 11:01
Full-Count