ここから本文です

中日アルモンテが驚異の得点圏打率.625、Gゲレーロは苦戦? セ外国人診断

4/17(火) 10:21配信

Full-Count

アルモンテはリーグトップ15打点、首位DeNAは先発バリオスが2勝をマーク

 プロ野球は15日、各地でデーゲーム6試合を行った。3月30日の開幕戦から2週間半が経過し、各球団5カードを消化した。これにより、リーグ内での対戦が一巡した。

【表】各球団の新戦力をチェック! 2018年シーズン 各球団の新外国人一覧

 セ・リーグは昨季3位から日本シリーズに進出したDeNAが首位に立つ。3連敗のあと、4月7日の広島戦で勝利すると、そこから怒涛の連勝街道。2カード連続で3タテを決めて17年ぶりの8連勝とし、広島に0.5ゲーム差をつけている。

 2年連続リーグ優勝中の広島は9勝6敗の2位。開幕3連勝を飾った後は五分の成績となっているが、大崩れしないところはさすがといったところ。昨季球団ワーストの96敗を喫したヤクルトが貯金1の3位につける。阪神が4位、中日が5位となっており、巨人は5勝10敗の借金5、セ・リーグで最速で10敗目を喫した。

 開幕8連勝した西武ほどのスタートダッシュに成功したチームはなく、早くも混戦の様相にある今季のセ・リーグ。そんな中で、チームの浮沈を左右する各球団の助っ人たちは、この2週間半、どんな成績を残したのか。ここではセ・リーグ6球団の助っ人たちの開幕5カードの働きを診断してみよう。

◯1位:DeNA(9勝5敗)
エディソン・バリオス投手
3試合2勝1敗0ホールド0セーブ 防御率2.76

スペンサー・パットン投手
5試合0勝0敗3ホールド0セーブ 防御率9.00

エドウィン・エスコバー投手
8試合0勝0敗3ホールド0セーブ 防御率2.70

ホセ・ロペス内野手
14試合54打数17安打3本塁打7打点 打率.315

1軍出場なし
ジョー・ウィーランド投手、ネフタリ・ソト内野手

 15日の中日戦を終え、17年ぶりの8連勝としたDeNA。助っ人外国人たちもチームにきっちりと貢献している。ウィーランドが故障で不在の中で、先発ローテの穴を埋めたのが元ソフトバンクのバリオス。先発として2勝をあげ、防御率も2点台と安定している。パットンが防御率9.00となっているが、これは11日の巨人戦で喫した3失点が大きく影響しており、その後は2試合連続無失点。エスコバーは早くも8試合に投げて中継ぎ陣の中で大車輪の働き。ロペスも打率.315とさすがの成績を残している。

1/2ページ

最終更新:4/19(木) 14:47
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/21(土) 7:40