ここから本文です

ソフトバンク一発攻勢で東浜に初白星 工藤監督「何とか勝ちをつけたかった」

4/17(火) 22:23配信

Full-Count

サファテの“不在”には「足に張りがあるということだった」

 17日、ソフトバンクは楽天の追い上げを振り切り5対3で勝利。チームは4連勝を飾るとともに、先発の東浜巨投手が今季初勝利を手にした。

【動画】ソフトバンクは全得点をホームランで叩き出し勝利! 17日のソフトバンク対楽天のハイライト

 何とか逃げきった。松田宣浩と柳田悠岐の2ランで4点をリードしながら、先発の東浜が6回途中で3失点。その1点のリードを、6回途中から嘉弥真新也、加治屋蓮、モイネロとつないで必死に守り抜いた。すると7回に代打・福田秀平の価値あるソロ本塁打で2点差に広げると、8回もモイネロが好投。あとは守護神の登場を待つだけと思ったが、マウンドには3イニング目のモイネロ。1死後、森唯斗が締めて辛くも逃げ切った。

 工藤公康監督は「サファテは試合前から足の感じが良くないということだったので今日は使わずにいこう、と。(鹿児島の)マウンドが低くて柔らかかったこともあるみたいです。明日はまた本人と話をしてから考えます」と守護神不在の理由を説明。

 ようやく白星を挙げた東浜については「勝ててよかったです。勝ち星が薬になるでしょう。130球は使いましたが、本人も一生懸命に投げていたし、何としても今日は勝ち星をつけてやりたいと思っていました。(勝ち星が)つけられてよかったです」と指揮官。

 3試合の登板とも6回に被弾しているが「皆さん、(報道で)そういう印象をつけないように。これからは薬が効いていいピッチングをしてくれると思いますから」と記者に懇願する場面もあった。

 また、松田、柳田、福田の本塁打については「3本とも大事なところで打ってくれた」と、好投手・岸から放った3発を称えながら「特に柳田くんの一発は投手にとってはショックでしょう。あそこまで強いストレートを打たれるのは嫌なホームランだったと思います」と、投手出身監督ならではの視点で振り返った。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

最終更新:4/17(火) 23:00
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(日) 17:50