ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

堀氏が出馬表明 5月の那智勝浦町長選

4/17(火) 16:46配信

紀伊民報

 和歌山県那智勝浦町の森崇町長(68)の辞職(20日付)に伴う同町長選挙(5月15日告示、20日投開票)で16日、元県職員の堀順一郎氏(59)=那智勝浦町浦神=が、無所属で立候補する考えを表明した。自民党県連は15日、堀氏を推薦することを決定。同町長選を巡っての出馬表明は堀氏が初めて。

 堀氏は新宮市内で記者会見。「町議会議員10人がお見えになり、あとの2人も一緒の気持ちだからと(出馬要請の)お話を頂いた。那智勝浦が元気な町になったなと言ってもらえるようにしていきたい。町政の継続と同時に、新たな事業展開もしていきたい」などと述べた。

 堀氏は同町出身。新宮高校を卒業し、旧国鉄職員を経て、1987年、県に採用。これまで県東京事務所主任や企業立地課新産業立地班長、東牟婁振興局地域振興部長などを歴任。1日付で東牟婁振興局参事(地域振興部長事務取扱)となったが、15日付で退職した。

 具体的な政策として、出産や子育て環境づくりを進めること、災害時の対策本部となる町役場や消防本部の移転検討、観光戦略の策定、クリーンセンターの課題解決、那智の滝の水源一帯での植樹事業などを挙げた。

最終更新:4/17(火) 16:46
紀伊民報